留学生賠償責任とは

  1. 保険契約者は、保険期間を通じて日本に在住する者とします。
  2. 被保険者は勉学、研修および技術習得を目的として海外の学校に在学する者とします。
    (注)
    1.海外の学校とは、一定の教育目的の下に、一定の場所において、組織的、計画的かつ継続的に留学生に対して学術、技能の教育を行う施設をいいます。
    2.観光を目的として海外に滞在する場合やワーキングホリデー等を除きます。
  3. 保険期間は31日超で学校卒業までの期間に合わせて設定します。
  4. 賠償責任・携行品損害を同時に付帯することはできません。
  5. パッケージプランの場合は付帯できません。
留学生賠償責任
保険金をお支払いするケース

保険期間中に発生した次の1.または2.のいづれかに該当する偶然な事故による他人の身体の障害または他人の財物の損壊について、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被った損害に対して、この特約および普通保険約款の規定に従い、留学生賠償責任保険金を支払います。

  1. 住宅の所有、使用または管理に起因する事故
  2. 被保険者の日常生活(注)に起因する事故

(注)住宅および住宅以外の不動産の所有・使用または管理を除きます。

保険金をお支払いできないケース

1.次の各号に掲げる事由のいずれかによって生じた損害に対しては、留学生賠償責任保険金を支払いません。

  1. 保険契約者(注1)または被保険者の故意
  2. 戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱、その他これらに類似の事変
  3. 核燃料物質(注2)もしくは核燃料物質(注2)によって汚染された物(注3)の放射性、爆発性その他の有害な特性またはこれらの特性による事故
  4. 上記2.もしくは3.の事由に随伴して生じた事故またはこれらに伴う秩序の混乱に基づいて生じた事故
  5. 上記3.以外の放射線照射または放射能汚染

(注1)法人であるときは、その理事、取締役または法人の業務を執行するその他の機関をいいます。
(注2)使用済燃料を含みます。
(注3)原子核分裂生成物を含みます。

2.
<1>被保険者が、次の各号に掲げるいずれかに該当する損害賠償責任を負担することによって被った損害に対しては、留学生賠償責任保険金を支払いません。

  1. 被保険者の職務遂行またはアルバイト業務(注1)の遂行に起因する損害賠償責任
  2. もっぱら被保険者の職務の用に供される動産または不動産(注2)の所有、使用または管理に起因する損害賠償責任
  3. 被保険者が所有、使用または管理する財物の損壊について、その財物について正当な権利を有する物に対して負担する損害賠償責任。
    ただし、次に掲げる損害に対する賠償責任を除きます。
    1. 賃貸業者から保険契約者または被保険者が直接借り入れた旅行用品または生活用動産に与えた損害
    2. 火災、爆発、破裂および漏水、放水または溢水(注3)による水濡れにより住宅に与えた損害
    3. 宿泊施設の客室(注4)に与えた損害
    4. 被保険者の使用人が、被保険者の事業または業務に従事中に被った身体の障害に起因する損害賠償責任。 ただし、被保険者が家事使用人として使用する者に対する損害賠償責任を除きます。
    5. 被保険者と第三者との間に損害賠償に関する特約がある場合において、その約定によって加重された損害賠償責任
    6. 被保険者の親族に対する損害賠償責任
    7. 航空機、船舶(注5)、車両(注6)、銃器(注7)の所有、使用または管理に起因する損害賠償責任
    8. 被保険者の心神喪失に起因する損害賠償責任
    9. 被保険者または被保険者の指図による暴行または殴打に起因する損害賠償責任

<2>被保険者が負担する罰金、違約金または懲罰的賠償金に対しては、留学生賠償責任保険金を支払いません。

(注1)一時的、臨時的に収入を得るために、夏季休暇、冬期休暇、年度休暇等に行う仕事または勉学と両立させる形で期間を限って行う仕事をいいます。
(注2)被保険者の留学の目的のために供される住宅の一部がもっぱら被保険者の職務の用に供される場合は、その部分を含みます。
(注3)水が溢れることをいいます。
(注4)客室内の動産ならびに客室外におけるセイフティボックスのキーおよびルームキーを含みます。
(注5)原動力がもっぱら人力であるもの、ヨットおよび水上オートバイを除きます。
(注6)原動力がもっぱら人力であるもの、ゴルフ場の乗用カートおよびレジャーを目的として使用中のスノーモービルを除きます。
(注7)空気銃を除きます。

▲ TOPへ 留学・駐在・ワーホリ保険TOPへ ≫